ロードバイクのフィッティング

バイクのオーバーホール時に一緒にというケースもOKです。
ハンドル幅の見直しやブラケット周りも位置を見直しやすいので、思い切ったアプローチもやりやすくなります。
様々な確認や試してみたいポジション、数回の実走を経て初めて分かってくることもあります。
フォローのフィッティングは無料ですが、実走テスト後の2回目以降が深くなってきたり面白くなってきたりする事もあるので、是非新しいポジションに慣れた後もお気軽に言ってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました